15:40〜16:00(20分) A-6

現場の知見を活かすマルチモーダルディープラーニング手法 ~AI+IoTで実現する設備保全と効率化~

【講演概要】
設備診断のディープラーニング技術は、技能継承や人手不足の観点から高い期待が寄せられていますが、エンドツーエンドで熟練者と同等の診断結果を導き出すまでには至っていません。事前に信号処理を施し、ニューラルネットワークにパターン認識をさせるのが一般的です。本講演では、複数入力を同時処理可能なマルチモーダルディープラーニングの手法を用いて、信号波形パターン認識を自動化する例を紹介します。

株式会社プライア 代表取締役 兼
株式会社理経 技術アドバイザー

長野 達朗 氏